整形外科

急性疾患から慢性疾患まで様々な病気や外傷の治療、リハビリテーションによる早期回復および社会復帰、およびその後の身体機能維持等、総合的で質の高い医療を提供できるよう心がけています。

整形外科は手足や背骨など①運動器の外傷(骨折、捻挫、靱帯損傷など)、②運動器の慢性疾患(変形性による関節や背骨の痛みや神経痛、手足のしびれなど)、あるいは③骨粗鬆症など生涯にわたって治療が必要な疾患など、様々な疾患に対し診断と治療を行っています。
MRIやCT、骨密度測定装置など最先端の医療機器で的確な診断を行い、治療につなげます。

診療方針

入院、手術など急性の疾患に対する初期治療から、他病院での手術後のリハビリテーション、退院後の通院管理等、疾患のあらゆる病期において、多職種が協力しその方に適切な治療を提供できる体制を整えています。
運動器の様々な痛みに対し的確な診断を行うことはもちろんですが、投薬に当たっては血液検査等全身状態のチェックを行い、副作用の軽減を目指します。
近年痛みに対する投薬治療は飛躍的な進歩を遂げるとともに、多種多様な薬剤が開発されており、種々の薬を上手に組み合わせることによって痛みのコントロールが可能となっています。最新の痛みに対する治療を提供できるよう心がけています。
骨粗鬆症では治療をおこたると骨折率の上昇をきたし、健康寿命の短縮、余命の短縮が危惧されます。そのため健康で長生きするために、骨粗鬆症は生涯にわたり管理が必要となります。
骨粗鬆症に対し適切に診断を行い、各年齢、病態に合わせた骨粗鬆症の治療を提案いたします。
また圧迫骨折や高齢者の骨折は発見することが困難な場合があり、見逃されることも多い外傷です。このような症例に対しMRI等を用いて確実に診断を行い、治療をいち早く始めることができます。

対象疾患

脊椎、脊髄疾患

頚髄症(歩行障害、手足のしびれ)、腰部脊柱管狭窄症(下肢のしびれ、歩行障害、腰痛)
脊椎圧迫骨折(腰や背部の痛み、側腹部の痛み)
急性腰痛症、腰椎分離症(腰痛) 頸椎椎間板ヘルニア(頚部痛、手足のしびれや痛み)

関節疾患

変形性関節症(関節の痛み)
肩関節周囲炎、半月板損傷、関節リウマチ、各種スポーツ障害、痛風靱帯損傷

外傷

骨折、脱臼一般、神経損傷、腱損傷

代謝性疾患

骨粗鬆症全般

その他

巻き爪の弾性ワイヤーによる矯正術を行っており(自費診療)良好な成績が得られています。

担当医

澤本 毅
整形外科部長
上田 英輝

資格
医学博士
日本整形外科学会 専門医
日本体育協会公認 スポーツドクター

専門
外傷一般
関節外科
スポーツ医学