地域のお子様のかかりつけ医として
きめ細かい対応でサポートいたします。

診療方針

小児における疾患で圧倒的に多いのは急性疾患です。その中でも頻度の高い感染症では、感染の重症度とお子様の状態をしっかり見極めることが大切です。院内の他診療科との連携をとり、迅速かつ正確な診断に努めています。その上で、外来通院可能か、入院が必要かということについても判断させていただきます。保護者の方に病状、治療方針などについてわかりやすく説明し、安心感の得られる診療を心がけています。なお、当院には小児科の入院病棟はありません、入院が必要な場合には、大学病院や医療センターなど専門医療機関に協力を依頼しています。
予防接種をはじめとする予防医学にも力を入れており、任意の予防接種については積極的に接種を行っております。気になることがあればお気軽にご相談ください。

対象疾患

・カゼ症候群・肺炎・気管支炎、胃腸炎などの感染症を含む小児科一般
・喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患
・複雑型熱性痙攣、てんかんなどの神経疾患
・成長・発達の遅れに関しては専門機関との密接な連携を行って治療にあたっています

担当医

武田 興二
小児科部長
武田 興二

資格
日本小児科学会 専門医

専門
小児科一般、感染症、アレルギー、乳児健診、予防接種