部門紹介について

看護部

看護部の理念

「患者様の尊厳を守り、あたたかい心のこもった看護・介護を行います」。

病棟の看護方式

看護方式は、固定チームナーシング「継続受け持ち制」をとっています。
看護師、看護補助者(介護福祉士・看護助手)がチームを組み看護ケアを行っています。
新採用者、中途採用者には担当のプリセプターとともに組織全体で支援します。

勤務体制

外来、病棟ともに、2交代制です。病棟は早出・遅出勤務があります。
夜勤時間:病棟(17:00~9:00)、外来(17:30~9:30)

チーム活動と看護

医療安全対策チーム、感染コントロールチーム、褥瘡対策チーム 等

看護部チーム活動

BLSチーム、認知症ケアチーム、身体抑制チーム、糖尿病チーム、口腔ケアチーム 等 看護ケア基準の作成・定着を目指した活動をしています。

教育体制

○教育目標
①専門職として、知識、技術、態度を習得する。
②職業人として倫理的配慮に基づいた看護実践ができる。
③個々の看護・介護技術に科学的根拠を持ち、キャリアアップにつなげる。

教育の段階設定(*日本看護協会の「看護師のクリニカル・ラダー」に準じて再検討中です)

ステージ 到達目標 研修
基本的な看護を安全に実践できる
看護基準、手順に添って業務ができる
新人研修
中途採用者研修
業務の優先順位が解り看護実践ができる プリセプター
看護活動が他者のモデルとなる
チームリーダーの役割や責務を認識し遂行できる
中堅研修
マネージャーキャリアアップ
ジェネラリストキャリアアップ
管理者研修
ファーストレベル
セカンドレベル 等

資格取得者

日本糖尿病療養指導士 等

キャリアデザイン支援

ジェネラリストのためのクリニカル・ラダーを活用した看護管理者との定期面談 スキルアップのための研修受講や進学支援

看護職員の出身校

高知大学、高知県立大学、高知学園短期大学、龍馬看護ふくし専門学校、高知開成専門学校、高知県医師会看護専門学校、高知中央高等学校、高知県立幡多看護専門学校など

急性期の一般病棟は、笑顔あふれるアットホームな職場で、日々の様々な経験の中で看護師として成長中です!

地域包括ケア病棟で、素敵な先輩方の支援のもと患者様と関わり、看護の責任とやりがいを感じています。

男性看護師も活躍中

名誉院長のあたたかみのある回診

日頃からの感染対策

看護補助者(介護福祉士、看護助手)

 看護補助者は、看護職員とともに働くチームの一員として、患者様やご家族が安心して治療を受け、療養生活を支援する役割を持っています。看護職員や看護補助者がともにケアや業務を行い、お互いの力を発揮して支え合っています。患者様だけでなく看護職員にとっても大切な心強い存在です。

看護補助者の教育体制

 新採用者、中途採用者研修や、看護補助者のラダーを活用しながら、職場全体で育てる体制になっています。看護補助者業務の経験がなくても、看護職員や先輩の看護補助者から学ぶことができます。院内研修や院外の研修も受講することができるので、知識や技術を高めることができます。

ケアや確認を行うペア

ポジショニング研修

食事の配膳・下膳をします

看護補助者の仕事内容

患者様が安全で安心して過ごせる環境を整えます

環境整備、シーツ交換、寝具の管理など

患者様の日常生活の介助をします

  • 清潔:入浴や洗髪、清拭、足浴、口腔ケアなど
  • 食事:配膳・下膳、配茶、食事量の確認など
  • 排泄:排泄の介助、準備、片付けなど
  • 安全・安楽:体位変換、見守りなど

患者様に必要な診療材料の補充や整理、伝票整理などを行います。

患者様へお茶をお届けします

患者様に必要な物品を確認中です

笑顔を大切に

私たちは、職員同士がお互いを大切にし合い、働きやすい職場づくりに努めています。
医療現場で患者様へのケアを学び、「なりたい自分」の基礎づくりをしませんか?
関連施設に「特別養護老人ホーム オーベルジュ」、「デイサービスセンター あぐり」があり、未来の選択肢も広がっています。
ぜひ、私たちと一緒に働きましょう!